色落ちしない白髪染め

現在私の母親が50代中盤という中年層の年齢ですが、先日こんな相談がやってきました。

「色落ちしない白髪染めってないのかな? インターネット使えるんだし調べてくれない?」という内容です。
確かにこの年齢層というと、そろそろ本格的に白髪にも悩む時期ですね。生まれて来てここまで育てて、ちょっと苦労をかけちゃったんだなと娘ながらに思ってしまうものですが親孝行の為にも様々調べてみましたので、何か参考になれば幸いです。

その結果、http://www.smc08.org/のような白髪染めの比較サイトを見つけたのですが、やはりカラートリートメント系というとどうやら落ちやすいとう情報を掴めました。
けれど、色落ちをしてしまうというのはどうやら仕方のない部分もあるようですね。
基本的に白髪染めというものは、髪の上からコーディングを施して色を入れるものが多いのでやはり色落ちをしてしまう事は致し方ない部分もあるように思えます。
やはり染めてから1週間~10日ほどちゃんと色が残っている状態ですと「色持ちが良い」と言えるのではないのかと思えますね。
また、このランキングでも第一位のシーエッセンスカラーフォームの検証でもやはり10日くらいの色持ちが限度のように言われて居るみたいです。

しかし、本当に良い白髪染めというと色持ちが良いことは勿論のことですが、刺激の方も気になる問題ですよね。肌の弱い人では頭皮がかぶれてしまう……となっては本末転倒なような気さえもします。
そこでやはり白髪染め選びで重要だと思える事は、色持ちは勿論の事ですが、刺激の少ない肌に対して刺激の少ないものがベストだと思えます。
理想は沢山上がってくるものですが、やはり白髪染め選びも慎重に行う方が良いとも言えますね。

ストレスと抜け毛

景気は良くないし、就職難で仕事をしていても何か嫌な事ばかり……そんな事から多大なストレスを溜め込んでしまう人が非常に多く、中には鬱病などの精神疾患に患ってしまう方も居るそうですが、身体にも異常をきたしてしまうとうケースもよくあるそうです。

その中でも髪の毛に言える事というと、抜け毛や薄毛。
10円ハゲは過度のストレスの現れという話はかなり有名なものですよね。
自分自身に10円ハゲが出来てしまったという経験は皆無ですが、昔友人が失恋をして10円ハゲを数カ所作ってしまったという話を聞いて、実際に見せてもらった事があるのですが、やはり痛々しいほど可哀想なものだと思えました。

しかもこういったストレス性の脱毛の恐ろしいところというとその根本的要因が解消されなければ止まらないとう部分もあるでしょう。
また、髪の毛というのは今日明日ですぐに生えるというものでもありませんよね。
期間としては早くて1カ月2カ月。完全に戻ることを考えてもおよそ1年ほどの歳月がかかってしまってもおかしくは無い問題です。

そこでこのようなストレス性の脱毛に関して言える事といえば、育毛を行うことやヘアケアの見直し以前に心のケアがとても大事なのではないのかと伺えます。
出来るだけリラックスをする環境を作ることも大事です。それを発散出来る洗い流す方法を考える事も大事でしょう。
人によってはストレスの解消方法も様々ですが、普段身体を全く動かさない方でしたら休日はおもいっきり身体を動かす事も良いそうですね。
しかし、一つのコンプレックスとなってしまうものなので、自分が気づいていることを他人に指摘される事というのはとても辛いものなのではないでしょうか?
それがもしも自分の身に起こったと考えれば察する事が出来るのではないでしょうか?
ですので、周り気遣いとしてはいちいちそれを指摘しないといった心遣いや配慮も大切だと思えます。かえっていってしまう事によって気にしすぎて辛い思いをさせてしまう可能性もあるデリケートな問題であることを忘れないようにしましょう。

クセ毛の原因とその対処方法

髪の毛のコンプレックスというと毛の量薄毛抜け毛なども上げられるものですが、クセ毛これを気にしている方も非常に多いのではないのかと思えますね。

中でも、天然パーマの人。小中学生の時に非常に嫌な思いをしたなんていう方も多かったのではないでしょうか。
実は私自身全くクセも無く、ストーンと落ちてしまっているような天然直毛ですが、これがかえってふんわり感Oで嫌だなと思っていたコンプレックスですが、極端なクセ毛に悩んでいた人の記事や口コミを見ると自分はまだマシな方なんだという風に失礼ながら思ってしまいました。

しかしそもそもこのクセ毛のメカニズム。どのように成り立っているのでしょうか?
基本的には遺伝という部分も非常に大きく、例えば両親どちらかがクセ毛だとして子供が、幼少期は直毛であったとしても追々癖毛になってしまう可能性もあるそうです。
また、基本的な知識を含めて説明をするのであれば、髪の成分というものはコルテックスと呼ばれるケラチンたんぱく質でできているそうです。そのうちの硬いたんぱく質と柔らかいたんぱく質の分布が偏っていると、縮れ毛になってしまう事があるそうです。
他に考えられる要因としては、毛穴の曲がり具合が縮れ毛を作ってしまっているというふうにも考えられると言われて居るそうです。

そんなクセ毛の対処法ですが、てっとり早い一時的な改善方法としては縮毛矯正をかけてしまう事が良いそうです。
しかし、それだけではなく根本的改善やケアとして知って起きたい事は、クセ毛の方はは直毛の方と比較をしてダメージが受けやすいため普段のヘアケアを慎重に行わなくてはいけないそうです。
とにかく摩擦を控える事が重要のようです、例えばブラッシングをする際、ブラッシングローションを用いて髪の毛を梳かし摩擦から守ってあげる事が大事なのではと言われているそうですよ。
また、無理に縮毛矯正をかけずクセ毛を生かした髪の毛のアレンジをすることやカットを行うことも良いのではと言われて居るそうです。
実は私のような天然直毛がとても悩むものというと圧倒的ボリューム不足です。そうなると、髪の毛をアレンジしようものの毛量が足りずスカスカな事が多いので少し羨ましく感じてしまう部分があるものです。
是非自分のクセ毛をマイナスポイントに見ず、それを生かす方法を考えてみるのも良いのではないでしょうか? 隣の芝は青く見えてしまう問題で無いものねだりかも知れませんが、クセ毛の人にしか出来ないヘアアレンジもあるのは事実です。
是非自信を持って頂きたいと思えますね♪

カラーで髪を傷めた経験

中高生の頃というと髪の毛を染める事にあこがれるものですよね。

もう30代を間近にした今でこそ思う事ですが、なんであの時あんなに髪の毛をむやみやたらと染めたかったのか? と思うと疑問さえ感じてしまうものです。
最近ネット用語などでもある「厨2病」に等しいものでしょうか?
とにかく悪ぶってみたい、大人びて見られたいなどと思ってたのかも知れません。

しかし、いざ染めるとして初めて髪を染めた時の事はそこまで私自身覚えても居ない事ですが、1度もの凄い痛んでしまった経験があるのでその話をしていこうかと思います。
昔ちょうど、髪の毛を何故か「ピンクにしたい」と思った時期がありました。
今となっては、派手な色にするのであれば、地毛で再現をしても難しいからウィッグを買った方が賢明だし痛まないのでは? という考えに持っていけるものですが、その当時はやはり知恵がそこまでまわらなかったという部分もあったでしょう。
その為には、やはりブリーチで髪の毛を白まで抜いて上からカラーを乗せるという方法を使うものですが、この白髪まで持っていく事がとてつもなく難しいものです。
脱色をするので、やはりそれだけ傷んでしまうものですね。
やはり染めてから1カ月後には髪の毛がパサパサキシキシの状態になってしまいすぐに綴じかかるという不具合まで出てしまってとてつもない後悔をした事があります。
やはり髪の毛は染めたりケアをしすぎただけでも、傷むようです。
ましてブリーチとなると髪の色素を剥がし落とすのでそれだけ髪がデリケートな状態になってしまうものですね。やはり過度なカラーをしたいと思うようでしたら地毛では絶対にやらない事が一番なのではと思えます。

髪の毛の火傷

火傷というと熱によってヒリヒリして赤く爛れてという事が連想出来るものですね。

しかしこれは神経の通っている肌などが主だと思えます。しかし髪の毛もドライヤーの熱によって火傷を起こすとの事。
けれど、髪の毛にはこのような痛みやひりつきを感じる事も無いので自覚が出来る人はほぼ居ないものだそうです。確かに髪の毛に神経が通っていれば分かるものですが、髪の毛を切る度に痛みを感じてしまうのでは、どうしようも無いものだと思えますよね。

中でもこの髪火傷を起こすのは、ドライヤーの際とばかり思えるものですが、それ以上の高温を直接的に髪の毛に当てるヘアアイロンやコテなどでのヘアアレンジの際にも頻繁に起こりうる事です。実は私自身コテをもつ時に失敗をして耳を火傷した事がありますが、水ぶくれが出来る程に熱く痛い思いをしたので、髪にも少なからず影響があってもおおかしくないと断言出来ます。
基本的に髪の毛が耐える事が出来る温度というのは60度程度までだそうです。しかし、コテやアイロンというと100度を超えるものがほとんどなのではないでしょうか?
それ故に当てる際に髪の毛のケラチンなどを壊してしまい、それがダメージヘアや髪の毛のぱさつきに変わってしまうという事があるそうです。
最近ではコテやアイロン用の髪火傷を防ぐスプレーなどもあるのでそういったものを用いてみることも良いでしょう。またいくらしっかりと巻けるからストレートになるからといって温度の上げすぎいは注意が必要ですね。
またドライヤーをする際には髪から遠ざけて、地肌を沸かす事から意識をした方が良いそうです。またある程度髪の毛が乾いたら冷風に切り替え乾かすなどという処置をした方が髪に負担をかけずに済むそうですよ。

老け顔のはじまりと髪の関係

以前、白髪は老けて見える悪因だ! という話もしましたが、やはり髪の毛と老けて見えるとても密接な関係だと思えますね。

白髪はやはり勿論の事ですが、ぱさつき広がりがある艶の無い髪の毛もそう見えてしまいますし、更に言ってしまえば毛に栄養が行き届かなくなってやせ細ってしまった薄毛状態は確かに老けてるなと思えてしまうものです。

しかし、近年男性の抜け毛だけではなく女性の抜け毛もかなり騒がれている事をご存知でしょうか。女性の抜け毛専門の育毛剤なども多数最近ではネットショップでも見かけると思えます。
そう思うと老けた容姿を作らない為にもヘアケアは勿論ですが、艶髪を維持する為に女性の抜け毛対策もとても大事な事なのではないかと思えます。

けれど具体的に何から始めれば……と、思えてしまう事ですよね。
まずは原因を知って何から始めるか考える事も良いのではないでしょうか。

まだ20代・30代前半とう若年齢の方の過剰な抜け毛というと、やはり不摂生な生活なども挙げられる故に育毛剤を持ち要らなくても生活改善を主にしスカルプケアやマッサージでも改善の余地はあるそうですが、困ってしまう要因というとストレス性のものだそうです。これは40代・50代の老化に近しい状態になって身体の中の機能の衰えが起き、結果身体の末端に存在する髪の毛を作る細胞にまで栄養が行き届かなくなってしまい抜け毛を発生させると考えられているそうです。
そう考えると、このストレスの状態及びに加齢が伴う抜け毛には、やはり育毛剤を用いた徹底的なケアがとても効果があるようです。
口からいくら補っても栄養が行き届かないので、直接的に頭から栄養を与えると考えると確かに効果を出してくれそうな気がしますよね。
けれど育毛剤とうのも1本使ったから効果が出ますというふうに完全に効果が確立されたものでもありません。その理由としては毛には周期がある故に1カ月2カ月で完全に効果が出るとは言い切れない部分もあるのです。完全な抜け毛対策や改善を考えるようでしたらやはり長い目を見たケアも必要となる事を忘れないでおきたいですね。

意外と知らないヘアケアのポイント

キレイな髪の毛を保ちたい! 女性ならば誰だってそう思うものですよね。

しかし髪の毛は入念にいつもケアをしているといっても、やはり素人知識には違い無いものです。基本的には”良いトリートメントを使って……”とくらいにしか思えないものですよね。そこで重要といわれているホンモノのヘアケアポイントについて探ってみましたが、確かにこれは誰もが見落としがちなことが多いのでは? と思えました。

まずは、洗髪前にしっかりとブラッシングすることです。これをしっかりやる事によって髪のとじかかりを軽減してくれるそうです。
また梳かすブラシは、ゴム底のクッション性の高いものが髪や頭皮に負担をかけずに良いと言われているそうです。
そしてシャンプー前の前洗いは熱めのお湯でしっかりと行うことです。これによって血行が促され頭皮に栄養が行き届きやすくするというおともありますが、髪の毛や地肌に付着した汚れをしっかりと掻き落とす事ができるそうですね。
また、シャンプーで洗う部分は地肌のみでOKのようです。これはかなり意外だと思えてしまいましたが、髪の毛についた汚れというのは先ほどの前洗いで殆どとれてしまうそうです。逆にゴシゴシと毛先を洗ってしまうことによって保水力低下を促してしまいパサパサ髪になりかねない事さえもあるようですよ。
またコンディショナーが毛先だけでOKとのこと。髪に良いものだからと通常べったりと塗ってしまうものですが、これがかえって頭皮の毛穴に詰まってしまい良くないそうです。

これらの点を振り返ると今まで真逆のヘアケアをしていた!? なんて驚愕することもありますよね。実は私自身も振り返ってみるとシャンプーで毛先もしっかり洗っていたことを思い出しギョっとしてしまいました。これからは正しいヘアケア方法を身につけていきたいと思えますね♪

ヘアケアのしすぎが頭皮を傷めている?

どの年齢層の女性にでも言える事ですが、ファッションでオシャレをするとなると髪の毛にも当然気を遣うものではないでしょうか。

10代から20代の女性であれば、ファッションに合わせて髪の毛を逆毛立てたり、おだんごに揺ったりヘアカラーをして染める方も多く居ます。
逆に40代・50代の方ですと、白髪も段々気になる頃合い。やはり白髪はあるだけ老けてみえてしまうのでこまめなケアをしている方も多いそうですね。
しかし、それが災いを呼んで抜け毛を起こしたりヘアダメージを与える他頭皮の健康を損ねている可能性もあることを忘れないでください。

近年女性の薄毛これはかなり問題になっているそうです。

その理由の殆どが、この過度のヘアケアが理由となっているそうです。折角オシャレに可愛く魅せようとしているのにもかかわらず頭皮にダメージを負っていると思うとかなり皮肉な話でもありますよね?
けれどこれは紛れもない事実なのです。
そうならない為には、ヘアセットの頻度を落として髪の毛を休ませる日を設ける事や、頭皮に優しい染料やパーマ液を使用することも大事でしょう。
最近では美容院などでも頭皮に優しいものを扱っている事もあります。水パーマやヘナカラーなどが代表的なのではないでしょうか。
また染める時などに低刺激性のものを選んで貰った方が良いと思えます。

また、失われた髪の毛というものは1カ月2カ月で完全復活できるかといえばYESと言えない部分もあるのです。およそヘアサイクルは1カ月と言われているものですがやはり年齢と共に乱れが生じるものです。それを防ぐ為にもほどほどにする事も大切だと思えますね。

頭皮の健康維持

髪の健康は髪の毛を作る場所から……つまり、頭皮に対するケアを重点的にと、言われているそうです。

別に女の人はそうそう抜け毛なんか起こさないでしょう? そう思っている人も中には居るかも知れませんが、それでは認識が甘いです。
最近女性の抜け毛はかなり問題視をされているようで、早い人では30代はじめからあるいは20代後半から頭頂部から力を無くすようにボリュームが無くなり薄毛になってしまうなんて事もありうるようです。正直に怖いですよね。
そこで、日々頭皮に対するケアをしっかりと行う事これは頭皮の健康維持の為にとても大切な事なのではないのかと思えます。

まず第一にした方が良いという事は過度なヘアケアを抑える事です。
意外と知られて居ない事ですが、ワックスやヘアスプレーなどという整髪料というものは自力のシャンプーケアでは簡単に落としきれないそうで、毛穴の中に入り込んでしまい髪を作る細胞の邪魔をして、髪の元気を奪ってしまうそうです。
これをしっかりと落とす為には前洗いを含め行う事も大事ですが、毎日のようにセットをしないという事も一つの回避策になるのでは? と、思います。
またどうしても髪の毛をいじりたい・オシャレがしたいという場合でしたら部分ウィッグやフルウィッグを用いる事も良いでしょう。ウィッグ自体は繰り返し何度も使えるものな上、ネット通販でも安価で売られているのでそのようなものを用いていくことも賢い手段なのではないのかと思えますよ。
またウィッグと聞くと「ギャル向け・若い子向け」という印象が強いものですが、確かに着用モデルさんは若い子を起用している事が多いものですが、最近のウィッグはナチュラルカラーのものが多く幅広い年齢層の方が使用出来ると言われているそうです。
是非そのようなものを使うなど工夫をしてみることでも頭皮直接的ダメージを負わずに済むものだと思えますよ。

頭のアンチエイジング白髪染め

未だ自分自身が20代後半なのでそこまで悩んでいる事でも無いのですが、白髪。

早い人では10代からの若白髪、そうでなくても20代後半から生えてしまうという人も中には居るそうですね。
そんな白髪ですが、やはりあればあるだけ老けて見えてしまうという所が鬼門です。
肌は気を遣ってキレイに化粧をしているのにも関わらず白髪があるだけで+5才+10才に見えてしまうのはかなり辛いものがありますよね。
けれど、そんな人ほど髪の毛を染めてカバーすべきだと思えます。

しかし白髪染めのみならず「髪を染めた経験をした事がある人」の中では染髪中に、嫌な感じを覚えた事は無いですか? 私自身も肌は弱い方なので経験がありますが、美容室で痛すぎて途中で中断し染料を洗い流して貰った経験もあります。
つまり地肌に負担がかかってしまうという場合もあるそうです。
けれど、そういった人は当然市販の白髪染めが使えないという人がとても多いそうです。
そうなると「より頭皮に優しいもの」を探さないといけませんね。
まず、頭皮にやさしい白髪染めとは低刺激なものということが大前提でもあるのですが、臭いがツンときつくないものや、なるべく染まってる期間の効果を長くして、使う回数と使用量を少なく抑えてくれるものが”優しいもの”と言えるのではないでしょうか。
そういったものは最近では美容室でも扱っているそうですが、やはり美容室で染めるとなると1回6千円近い出費が出て「高い!」と思えてしまいますよね。
けれど、最近ではネット通販などでもそういった頭皮に優しい白髪染めも売られているそうです。ヘナカラーなど自然派素材のみを使用したものなどもその代表と言えるのではないでしょうか。そういったものを自宅のセルフカラーで使用する事も好ましい手段ではないのかと思えます。