注目トレンド! グランジファッション

今年は英国系のクラシカルなシルエットの服やチェック柄が流行る! と言われていますが他でも注目を集めて居るものがあります。

それは、グランジファッション。けれどなかなか聞き慣れない言葉ですよね。
グランジとは、1990年代に流行したグランジロックから派生したファッションのようです。というとそのまま直訳すると【dirty】 まではいかなくても『汚い』という意味になりますね。
けれど、どちらかというと汚いというより野性的なイメージの方が近いかもしれません。
代表的な例として挙げるのであれば、着古したネルシャツやカーディガン。
他にも穴の空いたダメージジーンズやスニーカーといったものだそうです。
このファッションの火付け役ともなったのは、ニルヴァーナのボーカル、カート・コバーンらのしていたファッションが一つのイメージとして確立されて、アメリカのシアトルから広まって、未だ強い人気を誇っているようではあります。
そう思うと、音楽ファッションは紙一重だとも思えますね。
日本でもヴィジュアル系の好きな少女たちが黒い服を着たりフリルレースのロリータファッションをしたりもしますね。
海外でもエモやPUNKといった部類の音楽ジャンルでは同じようにファッションも確立されていたりします。この点は万国共通ではないかと思えますね。

けれど、グランジファッションの少し恐ろしいところというとわざとそういったファッションのこだわりを見せているにも関わらずに、少しみすぼらしく見えてしまう可能性もあるというところではないでしょうか。
やはり、着こなす為にはヘアメイクもきちんと行いワイルドに着こなすことが大事なようにも思えます。

 

原宿にオープンCUTE CUBE

ニュースなどにもなって少し話題になったそうですが、原宿竹下通りに新しいランドマークがオープンしたとのこと。その名もキュートキューブ。

かわいいを詰め込んだ様々なアパレルショップや飲食店が入っているようです。
原宿のランドマークというともう、ラフォーレ原宿の印象が強いですが新しいランドマークというと少し興味惹かれるところもありますね。

しかし「原宿」というと関東では下北沢と並んで、青文字系ファッションのオシャレの聖地といっても過言ではないです。
私も最近原宿に土日を使って友人とお出かけをした機会がありましたが、最近ではきゃりーぱみゅぱみゅさんの影響かそういった雰囲気の女の子が沢山いました。
原宿というと、10年ほど前だとゴシック&ロリータやサイバーファッションやPUNK・ROCKと所謂KERA系の人種が多かった記憶がありますが、最近ではダントツにきゃりー系女子が多いとのこと。
更にさかのぼって昔となると篠原ともえさんが爆発的な火種をつけたデコラファッションなどを思いましますね。本当にティーンには欠かせない・時代に多大な影響を与えたファッションの歴史を作り出している街だなと本当に思えます。
このキュートキューブもどちらかというと、カワイイを全開に10代のティーンから20代といった若年齢向けのファッションブランドやサンリオショップなども入っているようです。
中でも私が最も注目をしているのが、スェーデン発のアパレルブランドMONKI。
割とカジュアルな雰囲気でキャラクターものもあってとても可愛らしいです。
アラサー女子でもデニムにあわせやすそうなかわいらしいトップスが多く扱っています。
是非原宿にまた足を運んだ時に立ち寄ってみたいと思えます。