フリースパジャマに注目

寒さが頂点に達する季節です。その上、天気予報では毎日のように『寒波』のことが話題になっていますね。

私が住んでいる場所は関東ですが、今年は未だ雪も積もってませんが例年に増して寒いと感じます。正直に、昼夜関係なく暖房をつけていなければ風邪でも引いてしまいそうな程です。そんな寒い季節に欲しいものというとまさにあったかアイテムですが、フリースパジャマをご存知でしょうか?
このパジャマはユニクロやGUなどでも売られていますが、最近では普通の百貨店などでも販売されています。

私自身こういった素材のパジャマを買ったきっかけが、友人の口コミでした。
とにかく暖かい。お風呂から出たら汗をかける程に暖かい。下にヒート素材の肌着を着用すれば鬼に金棒。むしろ暑い。
『まさか、そんな嘘でしょう!?』と思う事から半信半疑で購入をしたのですが……本当でした。しっかり身体を温めた湯上がり後に着るとじんわり汗をかけてしまう程の温かさです。湯上がり後に身体を冷やさない、寝る時までホカホカで去年のように寒さで身体が冷たくなるという事が無くなりました。
そんなフリースパジャマ、良い所は保温性だけではありません。
洗濯をした時にすぐに乾くのです。
冬場の洗濯で困ることといえば、部屋干しも多くなって全く乾かない事かも知れませんが、フリース素材は乾きがとてつもなく早いのです。
ただ難点を一つあげるのであれば、洗っているうちに肌触りが悪くなってしまう事でしょう。その回避としてはズボンやアウターなどの衣料とは別に分けて洗う事や、ウール用の洗剤や柔軟剤を使用することが好ましいと思います。

暖かくて洗濯が楽。これほど嬉しい事は無いですよね。是非チェックしてみては如何でしょうか?

通販失敗回避術

ネット通販は本当に便利! と、前回に絶賛したものですが、実は通販で失敗の経験……実は私もとても多いものなのです。

中でもアパレル関連とシューズは本当に些細な間違えから履けないのに着れないのに……と、いう経験を何度もしました。その中でもよくある失敗例を挙げて回避の方法を説明していきましょう。

まずは、サイズ間違え。
基本的には日本ではS・M・Lという分類ですが海外ブランドの場合は号指定の場合もありますよね。しかしこの号指定最近案外多く日本ではもう完全に浸透しつつあるH&Mなども号指定をされています。そこでやはり自分のサイズをはっきりと把握しておくことが大事なのでは? と、思えます。また、シューズも同様の事が言えます。日本ではこちらもS・M・Lというアルファベット表記か23・5や24.0など数字サイズですが海外制のものなどはやはり号サイズが多いものです。こちらも自分のサイズをしっかり押さえておくことが大事ですね。

次は、カラー間違え。
こんな失敗誰もしないでしょ?! と、思うのですが実は居るんです。
私もしましたが、私の周りの友人を含めネットの口コミを見て見ると何度かこの失敗をしてしまった事があるそうです。
”黒を買ったはずなのにベージュが届いたから、問い合わせて見たところちゃんとべージュにチェックが入っていた”……なんて事もしばしばあるそうです。
この間違いはカラーバリエーションが多い程に起こりやすい傾向があるらしいのですが、やはり見直しが一番大事なのでは? と、思えますね。

やはり安い楽という分落とし穴があったり、有名ブランドもののニセモノが出回っていたりとネット通販には危険が少なからず潜んでいるものです。
まずは目利きをしっかり働かせる事・購入前に必ず確認を怠らない事が大事なのでは? と、思えますね。