通販失敗回避術

ネット通販は本当に便利! と、前回に絶賛したものですが、実は通販で失敗の経験……実は私もとても多いものなのです。

中でもアパレル関連とシューズは本当に些細な間違えから履けないのに着れないのに……と、いう経験を何度もしました。その中でもよくある失敗例を挙げて回避の方法を説明していきましょう。

まずは、サイズ間違え。
基本的には日本ではS・M・Lという分類ですが海外ブランドの場合は号指定の場合もありますよね。しかしこの号指定最近案外多く日本ではもう完全に浸透しつつあるH&Mなども号指定をされています。そこでやはり自分のサイズをはっきりと把握しておくことが大事なのでは? と、思えます。また、シューズも同様の事が言えます。日本ではこちらもS・M・Lというアルファベット表記か23・5や24.0など数字サイズですが海外制のものなどはやはり号サイズが多いものです。こちらも自分のサイズをしっかり押さえておくことが大事ですね。

次は、カラー間違え。
こんな失敗誰もしないでしょ?! と、思うのですが実は居るんです。
私もしましたが、私の周りの友人を含めネットの口コミを見て見ると何度かこの失敗をしてしまった事があるそうです。
”黒を買ったはずなのにベージュが届いたから、問い合わせて見たところちゃんとべージュにチェックが入っていた”……なんて事もしばしばあるそうです。
この間違いはカラーバリエーションが多い程に起こりやすい傾向があるらしいのですが、やはり見直しが一番大事なのでは? と、思えますね。

やはり安い楽という分落とし穴があったり、有名ブランドもののニセモノが出回っていたりとネット通販には危険が少なからず潜んでいるものです。
まずは目利きをしっかり働かせる事・購入前に必ず確認を怠らない事が大事なのでは? と、思えますね。