ヘアケアのしすぎが頭皮を傷めている?

どの年齢層の女性にでも言える事ですが、ファッションでオシャレをするとなると髪の毛にも当然気を遣うものではないでしょうか。

10代から20代の女性であれば、ファッションに合わせて髪の毛を逆毛立てたり、おだんごに揺ったりヘアカラーをして染める方も多く居ます。
逆に40代・50代の方ですと、白髪も段々気になる頃合い。やはり白髪はあるだけ老けてみえてしまうのでこまめなケアをしている方も多いそうですね。
しかし、それが災いを呼んで抜け毛を起こしたりヘアダメージを与える他頭皮の健康を損ねている可能性もあることを忘れないでください。

近年女性の薄毛これはかなり問題になっているそうです。

その理由の殆どが、この過度のヘアケアが理由となっているそうです。折角オシャレに可愛く魅せようとしているのにもかかわらず頭皮にダメージを負っていると思うとかなり皮肉な話でもありますよね?
けれどこれは紛れもない事実なのです。
そうならない為には、ヘアセットの頻度を落として髪の毛を休ませる日を設ける事や、頭皮に優しい染料やパーマ液を使用することも大事でしょう。
最近では美容院などでも頭皮に優しいものを扱っている事もあります。水パーマやヘナカラーなどが代表的なのではないでしょうか。
また染める時などに低刺激性のものを選んで貰った方が良いと思えます。

また、失われた髪の毛というものは1カ月2カ月で完全復活できるかといえばYESと言えない部分もあるのです。およそヘアサイクルは1カ月と言われているものですがやはり年齢と共に乱れが生じるものです。それを防ぐ為にもほどほどにする事も大切だと思えますね。