意外と知らないヘアケアのポイント

キレイな髪の毛を保ちたい! 女性ならば誰だってそう思うものですよね。

しかし髪の毛は入念にいつもケアをしているといっても、やはり素人知識には違い無いものです。基本的には”良いトリートメントを使って……”とくらいにしか思えないものですよね。そこで重要といわれているホンモノのヘアケアポイントについて探ってみましたが、確かにこれは誰もが見落としがちなことが多いのでは? と思えました。

まずは、洗髪前にしっかりとブラッシングすることです。これをしっかりやる事によって髪のとじかかりを軽減してくれるそうです。
また梳かすブラシは、ゴム底のクッション性の高いものが髪や頭皮に負担をかけずに良いと言われているそうです。
そしてシャンプー前の前洗いは熱めのお湯でしっかりと行うことです。これによって血行が促され頭皮に栄養が行き届きやすくするというおともありますが、髪の毛や地肌に付着した汚れをしっかりと掻き落とす事ができるそうですね。
また、シャンプーで洗う部分は地肌のみでOKのようです。これはかなり意外だと思えてしまいましたが、髪の毛についた汚れというのは先ほどの前洗いで殆どとれてしまうそうです。逆にゴシゴシと毛先を洗ってしまうことによって保水力低下を促してしまいパサパサ髪になりかねない事さえもあるようですよ。
またコンディショナーが毛先だけでOKとのこと。髪に良いものだからと通常べったりと塗ってしまうものですが、これがかえって頭皮の毛穴に詰まってしまい良くないそうです。

これらの点を振り返ると今まで真逆のヘアケアをしていた!? なんて驚愕することもありますよね。実は私自身も振り返ってみるとシャンプーで毛先もしっかり洗っていたことを思い出しギョっとしてしまいました。これからは正しいヘアケア方法を身につけていきたいと思えますね♪