クセ毛の原因とその対処方法

髪の毛のコンプレックスというと毛の量薄毛抜け毛なども上げられるものですが、クセ毛これを気にしている方も非常に多いのではないのかと思えますね。

中でも、天然パーマの人。小中学生の時に非常に嫌な思いをしたなんていう方も多かったのではないでしょうか。
実は私自身全くクセも無く、ストーンと落ちてしまっているような天然直毛ですが、これがかえってふんわり感Oで嫌だなと思っていたコンプレックスですが、極端なクセ毛に悩んでいた人の記事や口コミを見ると自分はまだマシな方なんだという風に失礼ながら思ってしまいました。

しかしそもそもこのクセ毛のメカニズム。どのように成り立っているのでしょうか?
基本的には遺伝という部分も非常に大きく、例えば両親どちらかがクセ毛だとして子供が、幼少期は直毛であったとしても追々癖毛になってしまう可能性もあるそうです。
また、基本的な知識を含めて説明をするのであれば、髪の成分というものはコルテックスと呼ばれるケラチンたんぱく質でできているそうです。そのうちの硬いたんぱく質と柔らかいたんぱく質の分布が偏っていると、縮れ毛になってしまう事があるそうです。
他に考えられる要因としては、毛穴の曲がり具合が縮れ毛を作ってしまっているというふうにも考えられると言われて居るそうです。

そんなクセ毛の対処法ですが、てっとり早い一時的な改善方法としては縮毛矯正をかけてしまう事が良いそうです。
しかし、それだけではなく根本的改善やケアとして知って起きたい事は、クセ毛の方はは直毛の方と比較をしてダメージが受けやすいため普段のヘアケアを慎重に行わなくてはいけないそうです。
とにかく摩擦を控える事が重要のようです、例えばブラッシングをする際、ブラッシングローションを用いて髪の毛を梳かし摩擦から守ってあげる事が大事なのではと言われているそうですよ。
また、無理に縮毛矯正をかけずクセ毛を生かした髪の毛のアレンジをすることやカットを行うことも良いのではと言われて居るそうです。
実は私のような天然直毛がとても悩むものというと圧倒的ボリューム不足です。そうなると、髪の毛をアレンジしようものの毛量が足りずスカスカな事が多いので少し羨ましく感じてしまう部分があるものです。
是非自分のクセ毛をマイナスポイントに見ず、それを生かす方法を考えてみるのも良いのではないでしょうか? 隣の芝は青く見えてしまう問題で無いものねだりかも知れませんが、クセ毛の人にしか出来ないヘアアレンジもあるのは事実です。
是非自信を持って頂きたいと思えますね♪