髪の毛の劣化の要因

以前何度か白髪染めの話題を出しましたが、白髪というと髪の老化。あるだけで老けて見えてしまうものですが、ぱさついた髪の毛ぺったりとしてボリュームも無い髪の毛というのも+8歳+9歳と加齢して見えてしまうと美容系ネットのまとめで記載されていました。確かにその人の顔や肌で老化というものはだいたい分かるものですが、髪の毛というと意外な気もしてしまいますが何だか納得出来てしまう部分もあるものですよね。

しかしそんな老化を防ぐ為にはまずは、その原因を徹底的に知ること。
これが改善には何よりも役立つものではないのかと思えますね。

まずブラッシングを怠っているのではないのかという点。
ブラッシングというと誰でも1日に1度寝起きにやるものではないのかと思えますが、短髪の人ですとめんどくさいからいいやーと、あんまり手をつけない人も多いそうですね。
けれどコレがNGなのです。
ブラッシングは髪についたホコリや汚れを落とす効果もあるので本来洗髪前にも行った方が良いともいわれるほど。まだ同時に、頭皮を刺激するので血行を良くし、皮脂を髪全体に伸ばすという役目も果たしてくれると言われて居るそうです。

またシャンプーで頭皮がきちんと洗えていない事が髪老化の要因では? という考察もあるそうです。確かに髪の土台、髪を作る場所といったら頭皮です。
ここがしっかり洗えていないで余分な皮脂や汚れが多いとどうしても髪の毛が劣化してしまったりフケっおくなって衛生的ではありません。
やはりそう考えるとシャンプーでのケアも美髪を作り出す為にはとても重要な役割ではないのかと思えますよね。
他にもドライヤーをかける際髪の毛を徹底的に乾かしすぎて乾燥をさせる事によって毛先が傷んでパサパサになってしまう事もあるそうです。
正直挙げればキリが無い程に劣化の原因は挙げられますが、まずこの3点を徹底改善する事が重要のように思えます。