ストレス性の抜け毛にいけない事

髪の毛が抜けてしまう。この悩みは男女問わず近年増えている事ですね。

しかしその要因は人それぞれ様々かも知れませんが、ストレスが非常に大きな部分を占めているとも言われて居るそうです。
その為にはヘアケアを徹底して育毛剤を使ってと努力をしている人も多く居るでしょう。髪と書いて長い友と書きますが、長く付き合うべきものを無くしてしまった人の神経というものはかなり過敏でもあるものです。
開き直ってスキンヘッドにしている方などはまだいいかも知れませんが、髪の毛を取り戻そうと頑張っている方に「うすい」「ハゲ」だと心ない言葉は尚更のストレスを与えてしまう事になります。
誰にでもコンプレックスの一つや二つ持っているものですよね。
それを大きく否定する事になり相手を傷つけることになってしまうのです。
また、当然の事ですが、気にしてケアをしている……と、言う事は完全に本人にも自覚がある状態です。正直自分が自覚している嫌な部分を他人に指摘をされたら皆さんでしたらどう感じますか? 憤怒を感じますか? それとも悲しく感じますか?
この双方に恐らく分かれるのではと思いますが、この感情双方身体にとってはストレスと似た反応を起こすので尚のこと悩みを強めてしまう可能性もあることです。

全く自覚の無いという場合、家族が「ここちょっと薄い?」という分には良い事かも知れませんが、全く垢の他人に言われると傷ついてしまう事もありえます。
もはやデリカシーの問題としても問われてもおかしくないとおおもえます。
あえて言わない、それもきっと優しさなのではと思えますよ。